ぎっくり腰の応急処置の仕方

ギックリ腰になると「魔女の一撃」と言われるほどとにかく辛く、しんどい物ですが、しっかりと落ち着いて処置を行っていけば必ずよくなっていきます。落ち着いて、ゆっくりと深呼吸しましょう。少し、痛いかもですが・・・

このサイトを参考におちついて処置してください。

 

①ぎっくり腰の対処法

②ぎっくり腰の処置・治療

③重いぎっくり腰の治し方

 

 


ぎっくり腰の対処法

まず最初に行うのはアイシングになります。

これは非常に大切な事で、何よりもまずこれをおこなって下さい!!!

このアイシングがしっかりできるかできないかでこの後の症状の期間が変ってしまいます。長くなるか早くなるか・・・。

20分間しっかりと冷やし、お風呂(シャワー)に入った後も冷やしましょう。その際は、安静で楽な姿勢で行ってください。

ここが一番大事なところですが、必ず氷嚢袋に氷のみ入れて冷やして下さい。湿布、アイスノンはダメです。氷嚢袋がなければビニール袋を2枚重ねて水が漏れず、濡れない様にして使いましょう。

初期の段階では必ず温めるのは避けておきましょう。


ぎっくり腰の時のストレッチ方法をお伝えいたします。

ぎっくり腰の程度は色々とありますが、実はずっと安静にしていてもダメなんです。

ぎっくり腰を何度も繰り返してる方も多いと思います。安静にして横になってると昨日とはまた違った痛みになっていませんか?

痛みによって腰や骨盤にこもる力が抜けなくなったり、筋肉が固まって筋肉の痛みも重ねってきているのです。

安静にしていても、力を入れていなくても必ず筋肉は動き、ずっと同じ姿勢をしていると同じ筋肉がずっと動いているのですね。

そのような場合に安全かつ+痛みを早期に軽減できるストレッチ体操をお伝えします。

しっかりとこれをやってください。できれば20回を5セット 一気にやらなくていいです。

1日を目安に行ってください。

①まず四つ這いになります。

②目線をあげ、首をできるだけでいいので上にあげ、天井を見る様にしましょう(あくまでも無理はせずに)。そうする事で腰が少し反る事ができますので、ゆっくり少しずつ反らして下さい(痛みが出ない程度)。

③次はおへそを見る様に首を曲げて、そのままお腹をへっこめて行きましょう。これも無理なくやってください。

 

①~③を繰り返すことで、腰をゆっくりと反り、骨盤を上下に運動させることができるようになります。

基本はできる範囲からやりましょう。
絶対に無理はしないようにしてください。

何回かやっていくと骨盤の動きが大きくできるようになっていきます。まずそこまで頑張ってください。

最大可動域まで動かせるようになってきたらゴールはあともう少しです。頑張ってください。

とにかく少しずつ動かせるように行うのがポイントになってきます。

 


ハイハイを行いましょう。歩行は大変だと思いますができれば行いましょう。

まずぎっくり腰になってしまうと痛くて動けなくなってしまいがちですが、実はハイハイはできます。また、歩行してる時も楽に感じる場合もあります。

一度、横になったりや座ってしまうと、そこから起き上がる事が本当に大変になってしまいます。

ご経験があるとは思いますが、寝たり、座ってから立ち上がる時が一番ぎっくり腰になって辛くなるのではないでしょうか?

実は人間の要の部分である骨盤を運動してあげることで、この立ち上がりが楽になり、ぎっくり腰の早期回復につなげる事が可能になってきます。

ハイハイすることでこの骨盤が動き、よりよく動くようになります。歩行することでも骨盤がよりよく動きます。

骨盤の基礎的な運動を行い、骨盤がしっかりと動くようになることで早期に回復が見込める事でしょう。

今つらく、大変だとは思います。ぎっくりはきちんと初期の段階でやっておかないと長期化させる恐れもありますので、負けずに頑張りましょう!

ハイハイ、できれば歩行をやってみましょう!!!


ぎっくり腰の処置と対処

ぎっくり腰にもさまざまなタイプがあり、それぞれの特徴をつかみご自身の症状と照らし合わせてみてください。

筋・筋膜性腰痛

日々の動きや、仕事の動き等で筋肉に負担が掛かり、筋肉や筋肉の表面を覆っている膜(筋膜)を痛めてしまったものを指します。筋肉を痛めてしまうと、そこが「しこり」になってきます。
その「しこり」を硬結、またはトリガーポイントと呼ぶのですが、このしこりによって痛みが発生します。

ぎっくり腰で筋・筋膜性腰痛になる場合はこのトリガーポイントの状態を良くしていく必要があります。
トリガーポイントには主に活動型トリガーポイントと潜在型トリガーポイントの二つがあります。
じっとしていても痛みのある時は活動型トリガーポイントと言います。
動いた時に痛みが出るのが潜在型トリガーポイントと言います。
トリガーポイントの治療はこのトリガーポイントの活性度を落としていくのが主な目的となります。

椎間関節性腰痛

椎間関節というのは腰椎の関節の事です。
その腰椎の関節が炎症を起こり、痛みが出たものを椎間関節性炎といい、腰椎で起こる場合は椎間関節性腰痛と言います。
このタイプが最もぎっくり腰で一番多いです。

主に立って動く際に痛みが強いのが特徴です。
椎間関節痛に対しては状態に合わせて、様々な治療(整体)を行います。

仙腸関節痛

仙腸関節というのは骨盤の関節の事です。
仙骨と腸骨の関節なので仙腸関節と言います。
この仙腸関節や周辺の靭帯で炎症が起こり、痛みを引き起こしている状態を仙腸関節痛と言います。

仙腸関節痛は足を付くと腰が痛かったり、座ったまま体を丸めたり、座った状態から立ち上がる時などに動きに痛みがあるのが特徴です。

ヘルニア性腰痛

ぎっくり腰だと思ったら単なるぎっくり腰では無く、ヘルニアの場合もあります。通常、痛みは日々、減少します。痛みが変らないまたは増大する場合は専門医や当院にご相談ください。


何度も何度も繰り返してしまい、ぎっくり腰に慣れている。毎年同じ寒い時期ぎっくり腰をやってしまう。

ぎっくり腰は通常何度も起こることはない腰痛です。

ぎっくり腰を何度もしてしまうのにはしっかりとした理由があります。

何度も繰り返すので、思い切って子供と遊んだり、荷物を持てなかったり、スポーツが出来なくなると患者様から聞くことがよくあります。

しっかりとなぜぎっくり腰になったのかを理解し、次にならないように治療、予防しておくことが大事になります。

もしあなたがぎっくり腰を繰り返し、それが当たり前と考えておられるなら、

にしむら整骨院におこしください。

尼崎市南塚口町1-2-15-103

電話番号 06-6435-8456

にしむら整骨院

お身体の情報や症状相談もLINE@でお気軽に受け付けております。よろしければ登録お願い致します。

 

友だち追加


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください