糖質と痛みの関係性

おはようございます。

 

皆さんは朝起きたらまず、何をされますか?

抜く人もいますが大抵の方は朝食を取られるかと思います。

パンやご飯と多少のおかずなどでしょうか。

 

そこで身体、関節など痛みのある方は・・・

朝起きてからのパンやご飯などの炭水化物、そして糖分を控えてみてください。

最近の研究では糖分過多がたんぱく質と合わさり、

「酸化」する事により、硬くなる

とされています。

 

パンやホットケーキを焼くと焦げてパリパリしてきますよね。

驚く事に似たような現象が身体の内部、関節などに起こるそうです。

私もまだまだ勉強中の身ですが、良く言われている

ご飯(糖質)4:肉や魚(たんぱく質)3:野菜3ですが・・・

ご飯(糖質)2:肉や魚(たんぱく質)4:野菜4や

ご飯1:肉や魚(たんぱく質)6:野菜3の様な

欧米的バランスでも全く問題ない、むしろ炭水化物や糖分が少ない分良いとされています。

 

では具体的にどのような症状がでるか

 

関節や腱が酸化する事により硬くなり、結果的に身体に痛みやだるさが起こります

暫くご飯なし生活をされていた方が急にご飯を再開するとかゆみが出たりする事も…

糖分の削減は後の糖尿病対策にもなるので、意識してみてください。

 

まぁ、パンやご飯、美味しいから中々難しいんですけどね(泣)


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください