脊柱管狭窄症:間欠性跛行

神経性と血管性のうち、神経性である脊柱管狭窄症から起こる間欠性跛行について説明します。

脊柱管狭窄症で間欠性跛行の起こる原因は、脊柱管が狭まって脊髄神経や馬尾神経を圧迫してしまうからです。

脊柱管で神経を圧迫する原因は3つあります

1、椎間板が神経を圧迫している場合

年齢と共に椎間板が潰れたり割れたりと変性を起こします。

そして変性した椎間板は脊柱管の方に飛び出る様に神経を圧迫、刺激します。

ヘルニアと同じような状態ですが、ヘルニアが「髄核」も一緒に出ているのに対し、

変性した椎間板の場合は老化によりその形が変わってしまい、

それが椎間が狭くなり潰れていく過程で後方に飛び出してきます。

 

この場合はヘルニアと同じように、体を「前に曲げる」と痛みが強くなります。

また長時間座っていても足に痛みや痺れが出てきます。

このような場合の脊柱管狭窄症は珍しいですが、椎間板の影響が強い場合発症します。

 

2、骨や人体が老化により変性・肥厚して脊柱管を圧迫する場合

老化による身体の変化で、骨、骨格や人体に長期に渡って負担がかかり、

それが原因で肥厚して大きくなり神経を圧迫します。

この様な脊柱管狭窄症が最も多く、中心的、代表的な症状となります。

このようなケースで発症するのが「間欠性跛行」であります。

メカニズムは体を前に曲げる事と後に伸ばすことの脊柱管の曲がり方、狭まり方によります。

体を前に曲げると、後方からの骨と靭帯の圧迫が減って脊柱管が広がります。

腰を伸ばすと後方から骨と靭帯が圧迫するので、脊柱管が狭窄して足の痺れ痛みが発生します。

間欠性跛行は座ったり体を前に曲げると脊柱管が広がるために楽になるのは、これらが理由で起こる現象です。

 

3、側弯症やすべり症から起こる場合

側湾症やすべり症も脊柱が曲がりズレて脊柱管に曲がる力が加わり神経を圧迫します。

側湾症やすべり症は、「腰を伸ばす」と脊柱管が狭まりますが、

脊柱管狭窄症と比べると影響は小さい傾向にあります。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA