脊柱管狭窄症と食事

日々の食事にちょっと気を使うだけで、予防になります。

 

体が温まりやすい食事法がおすすめ

脊柱管狭窄症は体温が低い、冷え症などを抱えている方が起こりやすいと考えられます。
まず、身体が冷えると血液の循環が悪くなってしまい、
身体の隅々まで充分に栄養が届かなくなります。
充分な栄養が届かなくなると、骨や筋肉も弱くなるため脊柱管狭窄症も悪化しやすくなるのです。

そして、冷えは痛みを引き起こします

なので身体が温まりやすい食事をとることをお勧めします。
飲みものや食べ物はできるだけ温かいものをとるのが良いですね。
真夏で外出した後などは、身体を冷やすために冷たい飲みものもいいですが、
それ以外は温かい飲みものが体を温めます。
生姜紅茶のように、生姜をうまく使って飲みものに利用したり、
食べ物にも使うと体がよく温まります。他にも体を温める食材としては、
ゴボウやニンジン、レンコン等の根菜類が体を温めます。

旬の食べ物をお勧めします

反対に夏野菜である、レタスやトマトやキュウリなどは体を冷やしますので
夏以外はあまり多量にとらないようにしてください。
キュウリなどは摂取エネルギーよりもキュウリ自体を消化するためのエネルギーの方が多く必要で、ダイエットなどで注目はされていますが、身体は冷えてしまいます。
基本的に夏が旬の野菜は体を冷やし、冬が旬の野菜は体を温めます。
旬のものを食べることが、健康につながります。
また、原産地が暑い地域のものは体を冷やします。
たとえば、バナナ、スイカ、ウリなどです。
逆に原産地が寒い地域のものは体を温めます。たとえば、リンゴ、ニンジンなどです。
鍋物は温かいままで、食材も体を温めるものが多いのでうまく使えば、バランスよく栄養がとれます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください