そもそも「脊柱管狭窄症」「すべり症」って何?

「脊柱管狭窄症」

日々の仕事や癖などの腰への負担や老化などの原因で、椎間板や靭帯、骨が変形したり肥厚した結果、脊柱管という部分が圧迫されて、その内腔が狭まってしまった際におこります。

脊柱管が狭まると、中に通っている脊髄神経が圧迫されてしまし、障害を起こすことで、足への痛み、痺れや坐骨神経痛が発生する事がよくあります。

足の症状のみで腰痛は全くない場合もあります。

 

「すべり症」

足の痛み、痺れ、腰、臀部の痛みの他に特徴的な症状として「間歇性破行」というモノがあります。

これは腰椎の分離症や靭帯の老化弱化によって腰椎がズレてしまうものです。

この腰椎がズレると、後ろを通る脊柱管にもズレる力が加わってしまいます。

その結果、脊髄神経を圧迫し、お尻や足の痛くなったり、痺れが発生し、間欠性跛行を起こし立っているのが辛くなります。

また、起床時に症状が強く出る事も特徴となります。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください